読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skyrim箱庭DIY

MODによる固有の環境不具合は自分で直して快適ゲーム。CTDにさようなら。Do It Yourself!!

SkyrimのLeveled List(レベルドリスト)の競合と統合



スポンサーリンク

基礎講座で競合の話をしましたが、Leveled Listの競合ということで、改めて記事にしてみます。基本的には同じ話です。BashedPatchを使ったLeveled Listの統合の話もします。

前回にLeveled Itemを例にしたレベルドリストの構造の説明をしました。分かってしまえば単純なものです。

前回までの例は、「山賊A」というNPC専用に新規のLeveled Listを作り、Outfitの中に割り当てました。実験用のシンプルなMODです。

しかし元々あるLeveled Listの中に装備を追加する場合には、既存のLeveled Listをespで更新します。「Leveled Listに追加されます」といったMODがそうですね。装備、アイテム、クリーチャー等をLeveled Listに登録するMOD同士は、Leveled Listの競合が発生します。同じ「台帳」を2つ以上のMODが変更するからです。最初に「競合」している状態を確認して、その次に統合をしてみます。今回は手作業による統合はせず、WryeBashで行います。競合するLeveled Listの統合に関してはこれが優秀なので、あまり手作業する機会は無いですね。

過去記事はこちら

 

 「山賊A」のLeveled List

説明で使ってきました、山賊AのLeveled List(Leveled Item)です。

レベルと対応装備は図の通り、4つあります。

レベルドリスト山賊Aの図解

Ultra Skimpy Silverlight armorをLeveled Listに追加

Ultra Skimpy Silverlight armorを導入し、山賊AのLeveled Item内に「Ultra Skimpy Silverlight armor」を追加するLeveled Itemを作ります。山賊AのMODをマスター指定します。LV40の装備に設定しました。アイテム総数は5に増えています。

レベルドリストUltraSkimpySilverlightの図解

実際のLeveled Itemが下のSS。ロードオーダー03に入ってます。上の図そのままです。この時点では問題ありません。

tes5edit-UltraSkimpySilverlight

 Amiella ClothesをLeveled Listに追加

Amiella Outfitを導入し山賊AのLeveled Itemを書き換えます。こちらも勿論マスター指定が必要です。LV3にAmiella Clothesを追加しました。これもアイテム数は5です。

レベルドリストAmiellaOutfit図解

こっちもLeveled ItemのSS。こちらはロードオーダー02になってます。(Update.esmが無いので)この時点ではこちらも問題無しです。

tes5edit-AmiellaOutfit

 

 Leveled Listの競合を確認する

この3つのMOD「 山賊A」、「Skimpy Silverlight armor改」、「Amiella Outfit改」を同時に導入すると、Leveled Itemが次のSSのように競合します

tes5editレベルドリストの競合

 両方とも「山賊A」のLeveled Itemを書き換え合っているためです。最後にロードされた「Amiella Outfit改」が上書き競合の勝者な為、LV40の「Ultra Skimpy Silverlight armor」は、このレベルドリストから消えました。

このようにLeveled Listを書き換えるMODを複数導入した場合は、最後のMODだけが上書き競合の勝者となり、それ以前のLeveled Listは消滅します

 

TES5Editでの競合の見方の意味がよくわからない人は、別記事参照してください。

 

BashedPatchでLeveled Listを統合する

この競合は高頻度で発生するので、毎回マニュアルで直していると大変です。それにマニュアル変更の場合、MODの出し入れの都度Leveled Listを直さなくてはなりません。

解決手段のひとつとして、WryeBashをつかっている人もいると思います。「Bashed Patch」を作成することで、競合するLeveled Listを自動で探し、繋ぎ合わせたパッチを作ってくれます。下のSSのイメージです。アイテム数が6となり、双方のLeveled Itemが有効になっています。

Bashedpatch図解

実際のLeveled ItemのSSです。BashedPatchでアイテム数6となり、双方のLeveled Listが有効化しています。

tes5edit-wrye-Bash

 

もちろんBashedPatchのロードオーダーの優先度を上げておかないと意味無いです。これが上書きされてしまったら、パッチの意味が無くなります。

BashedPatchロードオーダー

BashedPatchを当ててもおかしい時は、TES5Editで確認してみればいいだけです。もう見方はバッチリかと思います。

こんなとこで終わっておきます。