読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skyrim箱庭DIY

MODによる固有の環境不具合は自分で直して快適ゲーム。CTDにさようなら。Do It Yourself!!

【Skyrim SE】Special Editionの負荷測定と32bit版との比較

PC Special Edition


スポンサーリンク

Skyrim Special Editionの負荷測定です。32bit版との比較も併せて行います。あまりスタイリッシュなビジュアルではないですが・・・参考位にはなると思います。

64bit化による、プロセスのメモリ確保状況もチェックします。

 

測定環境

僕のSkyrim環境です。他のベンチ記事と何も変化ありません!

PC環境

解像度:1920x1200

OS:Windows7Pro(64bit)

CPU:Haswell i5-4570s

RAM:DDR3 32GB

GPU:GeForce GTX980 (ドライバ375.63)

 

Special Editionのゲーム設定

できるだけ重くしてます。基本はこれで。

Option設定

ViewDistance設定

Detail設定

 

AAはTAAのみ使用、NVCP側でFXAAとMFAAをOff。垂直同期Onです。

 

Whiterun内をうろついて測定しました。FPSに関しては、一番重い設定でも60fps常時張り付きだった為、グラフは省略しますw

 

 

テスト環境のグラフィック比較

環境別のSS比較です。

32bit版

32bit版のバニラ環境。FXAA使って、あとは最大負荷設定。

32bit版ホワイトラン

 

Special Edition(最大負荷)

Special Editionのバニラ環境で、負荷を最大にした状態。最初に載せた設定です。

SE版ホワイトラン

バニラ環境でも結構綺麗!

 

Special Edition(軽量)

上記の状態から一部軽量化。

Shadow Quality:Low

Shadow Distance:Medium

Godrays Quality:Off

SE版ホワイトラン(軽量)

影がチープになってます。Godrayを切ると、屋外感が薄れてスタジオっぽいライティングに見えますかね。この辺は好みもありそうです。32bit版+ENBっぽい感じかも。

 

Special Edition(リテクスチャ)

最大負荷状態で、リテクスチャMODで更に負荷を上げた状態。参考までに。

SE版ホワイトラン(リテクスチャ)

 

 

GPU負荷の比較

32bit版に比べて上がってますが、今回見た限りでは主にGodrays分の増加かも?。それ以外に関しては、グラフィック向上の割にはさほど上がってないようです(VRAM使用量は大分増えましたが)。

測定環境がMaxwellなので、DX11の恩恵もありそうです。Kepler以前やRadeonだと重くなるかも?

 

32bit版

従来のDX9環境。もうちょっと軽い気がしてましたが、改めて確認するとそこそこ負荷あるものです。VRAM使用量は少なく、2GB切ってます。

32bit版グラボ負荷

 

Special Edition(最大負荷)

DX11版。バニラでも結構負荷高めで、VRAM使用量も2GB超え。この状態だと、GTX660クラスだとバニラでも60fps切りそうな予感。

SE版グラボ負荷

 

Special Edition(軽量)

ShadowとGodrayの軽量化設定バージョン。これだけで一気に軽くなります。おそらくこの時点で、GTX660あたりでも快適に動きそうです。

テクスチャを圧縮orリサイズする余地があれば、もっとVRAM節約できる筈です(従来の方法でOK)。

SE版グラボ負荷(軽量)

 

Special Edition(リテクスチャ)

参考までに、適当にルーズフォルダにテクスチャを放り込んだだけです(汗)

他は最大負荷設定のまま。VRAM使用量はそれなりに増えましたが、GPU負荷的にはさほど変化無し。

SE版グラボグラボ負荷(リテクスチャ)

 

 

CPU負荷の比較

32bit版に比べて負荷が上がってます。とはいえ元が低い為、i5クラスなら余裕です。i3でも結構いけるかも?

 

32bit版

省電力版i5で30%すらいきません。コア別の負荷分散は結構微妙な感じ。

32bit版CPU負荷

 

 

Special Edition(最大負荷)

32bit版に比べて負荷上がってますが、まだまだ省電力版i5で余裕です。32bit版と違い、4コア綺麗に負荷が散ってるように見えます。

SE版CPU負荷

 

 

Special Edition(軽量)

グラボの負荷は軽くなりましたが、CPU的には最大負荷時と変化無しです。

SE版CPU負荷(軽量)

 

 

Special Edition(リテクスチャ)

こちらも同様、さして変化無し。

SE版CPU負荷(リテクスチャ)

 

 

メモリ負荷の比較

最大の目玉といっても過言ではない、64bit版待望のメモリ環境です。

32bit版では4GB制限があった為、enbhost.exeによるメモリコンテナにテクスチャコピーを退避させることで、TESV.exeのメモリを確保することが事実上必須でした。けれども64bit化により、1プロセスで大容量のメモリが確保できるようになりました!

物理メモリとして16GBあれば、MOD環境でも困ることなさそうです。

 

※プロセスの確保したメモリ内でテクスチャデータのコピーが必要になる為、特にリテクスチャMODは大量のメモリを消費します(VRAMだけでは済まないです)。

Special Editionでは従来のようなENBoostは必要無いですが、興味のある人は別記事どうぞ。


 

32bit版

バニラだと確保量で2GBちょい、使用済でも1.5GB程度です。ENBが無いと、リテクスチャするだけでもあっさりCTDの危機になります。

32bit版メモリ負荷

 

Special Edition(最大負荷)

バニラでもメモリ使用量かなり多めです。けれども64bit化により4GBを超えるメモリを確保可能になりました。SkyrimSE.exe単体で9GB以上を掴み、4.5GBが使用済!

SE版メモリ負荷

Free領域(一番下の白い所)は、余裕で物理メモリを超えてますw まさに桁違い。

恐らくメモリ容量に起因するCTDは、何かバグが無い限りは起きないと・・・思いたいです。

 

Special Edition(軽量)

ShadowとGodrays削減でGPU負荷には貢献しましたが、メモリ的には若干減った程度(多分VRAMコピー分)。CTDリスクにはならない筈なので、気にするとしたら物理メモリ容量との兼ね合いですかね。

SE版メモリ負荷(軽量)

 

Special Edition(リテクスチャ)

32bit版であれば+1.5GB位になるテクスチャ入れましたが、バニラのテクスチャ容量が増加してる為、800MB程度しか増えてないです。

SE版メモリ負荷(リテクスチャ)

64bitなので、1プロセスで10GB掴もうとも安心です!

 

 

Special Editionに32bit版のメッシュ&テクスチャを適用

 

可能な範囲で、32bit版のメッシュとテクスチャをSpecial Editionに適用し、GodraysだけOffにしました(他は一番重いまま)。32bit版にちょっと近づけてみた感じ。

SEハイブリッド版

 

VRAM使用量、32bit版より小さくなりました(汗)

GPU Loadは「軽量」設定よりは高いので、Godrays分だけ軽くなった位です。32bit版の最大負荷といい勝負。

SEハイブリッド版グラボ負荷

 

CPU負荷は変わらず。これはエンジン由来ですかね。

SEハイブリッド版CPU負荷

 

おおよそVRAM使用量が減った分だけ、プロセスのキープ分が減少した模様(700MB位)。それでもかなりのメモリを使っているので、32bit版に比べるとかなりメモリ食らいのようです。

SEハイブリッド版メモリ負荷

 

 

結果から考えるPC推奨環境

公式では、

OS:Windows7/8.1/10(64bit)

CPU:i5-2400/FX-8320

RAM:8GB

GPU:GTX780(3GB)/(R9 290 4GB) 

 

となっています。

ですがWhiterunを歩いただけでも、SkyrimSE.exeは4GB以上のメモリを食い潰しました。なのでメモリ8GBは推奨環境としては厳しいと思います。ギリギリ足りるかもですが、できれば12GB位は欲しいですかね。

グラボとCPUは、測定結果から見ても妥当な線。ただしGTX780はGTX980の20%ダウン程度なので、Riftenとか重い所だと60fps出ないかも?

現行のグラボでは、GTX1060あたりからが良さそうです。GTX980を6GB化したような性能なので、この記事の測定結果とさほど変わらないと思います。消費電力はGTX960並で、電気代にも優しいです。

Amazon

MSI GeForce GTX 1060 GAMING X 6G 『Twin Frozr VI/OCモデル』 グラフィックスボード VD6092

MSI GeForce GTX 1060 GAMING X 6G 『Twin Frozr VI/OCモデル』 グラフィックスボード VD6092

 

 

 

まとめ

とりあえずは、

  • メモリ消費量が激増
  • CPU負荷が微増
  • GPU負荷はあまりかわらず?(グラボによるかも)

 

といった所でしょうか。

今回みた限りでは、メモリが十分あれば、そこまで重くならないように見えます。とはいえバニラ環境同士だと結構差分が多く、最終的なMOD環境同士で比較しないとハッキリしないですかね。

 

とりあえず、以上で終了です!