読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skyrim箱庭DIY

MODによる固有の環境不具合は自分で直して快適ゲーム。CTDにさようなら。Do It Yourself!!

【Skyrim】NPC同士の体型差別化



スポンサーリンク

前回の続きのような、そうでないような。今回は独立化というより、ちょっとした細かい所の「差別化」をやってみます。Weight別で異なるテクスチャを割り付けたり、種族別にスケルトンを変更したり等。

種族毎にスケルトンを変更する

体型メッシュで形状変更ができるのに対し、スケルトンでは全身もしくは手足といった各パーツのスケール(サイズの倍率)を調整できます。例えばXP32 Maximum Skeleton - XPMSで等身高めのモデル体型になったり、MonliやX117で子供体型になったりするのは、スケール調整によりバニラとプロポーションが異なる為ですね。XP32 Maximum Skeleton Extended - XPMSEの場合は特にスケール調整されてないです(RaceMenuでプロポーションもキャラメイクする前提でしょう)。

スケルトンはRaceカテゴリ内に男女別で設定されてます。これを変更することで種族毎にプロポーション変更が可能です。バニラだと人間種(男女)と獣人種(男女)の4種類しかありませんが。

種族男女毎のスケルトン

 

好みのスケルトンを用意しておけば(公開されてるスケルトンや、Nifskopeで自分で調整する等)、例えばオーク男は上半身大きめ、子供はちんまりさせてみる等、種族毎に設定できます。追加種族やスタンドアロンフォロワなら完全独立化も可能です。Poetさんも独自にスケール調整されたスケルトンですね。

スケルトンのスケール調整

スケール変更したスケルトンに合わせてメッシュが変形するので、リモデルと違って「着替え」で体型が変わることがありません。

Raceの上書きをする為、致命的な競合起こす可能性があります。他にRaceをさわってるMODがあれば、互換パッチの作成必須。

※スケルトンのスケール調整方法については記述しないでおきます、自分でやる場合は各自で調整してください(大して難しくないです、触ればわかるレベル)。別にこれ自体は何もマズくないのですけど・・・まあ某エロMODの制限解除に繋がりかねないので(汗)

 

重量スライダ別で違うテクスチャを割り当てる

山賊やっつけて装備奪ったり、大人のMOD使った時に気になると思いますが。NPCのテクスチャはどれも一様になってます。クローンみたいです。

そこで、Swap Texture設定を使ってWeight別に異なるテクスチャを割り当てるとバラエティ豊かに。反面、数次第ではメモリに優しくない環境になるので注意。

Weight別で3パターンのテクスチャ(ディフューズとノーマル)を設定してみました。3人ともそれぞれ違うテクスチャになってます。

Weight別で異なるテクスチャを適用

Weight20のアエラさん(でいいんでしょうか、Aelaさん)は薄めのノーマルにちょっと若めのテクスチャ(識別しずらいかもですが・・・)。

イオナさんはWeight50で、傷跡付きノーマルに若干荒めのお肌のテクスチャ。

リディアさんはマッシブなノーマルになってます(手のノーマル間違えたのでちょっと不連続になってますが)。

 

esp構造

CBBE skin texture(Basvanbeu MuscleTextureChanger)のespを流用しました。Weight別でテクスチャを変更するMODです、ネクサスにあります。エロMODじゃないですけどSSがマッパなのでリンク無しですいません。

バニラのマッパ用Armor Addonです。ここにメインのテクスチャとは別に、Texture Swap Listが設定されてます。指定するのはTexture Setではなく、Form Listになってます。

バニラのマッパ用ArmorAddon

 

このForm Listの中で、複数のTexture Setを設定しています。これによりWeight別で異なるテクスチャが割り当てられるようです。この場合は3つなので、最初のSSのように3パターンのテクスチャが選択対象になります。11個指定すれば、0~10それぞれのWeightで独立化できます。

SwapList

 

Texture Setの中身。ディフューズとノーマルだけ切り替えて使いました。他も独立化可能ですが、メモリ負荷にはご注意。

TextureSetの中身

 

このMODは胴のみの設定なので、テクスチャ次第では手首に境界線が出ます。胴と同様に手のSwap Listを作成し、これを手のAAに設定することで解消できます。胴と手がセットで入れ替わることで、色の不整合を回避します。

手のSwapList設定

バニラでは手のSwap Listは設定されていないので、Form ListとTexture Setを新設。中身は胴と同じ要領で作ればいいです。手のテクスチャを設定したTexture Setを3つ作って、Form Listに設定するだけ。

残念ながら頭にはSwap Listが使えないので、色違いのテクスチャ使うと首に線がでます。ディフューズは変更せず、ノーマルだけ複数使うのも有りだと思います。

TextureSwapによる首境界線

手作業でFaceGenDataのパスを書き換えるという手はありますが・・・ちょっと生産性悪すぎますね。

※プレイヤキャラと違ってNPCはFaceGenDataで指定されたテクスチャを直接読む為、プラグインでの介入が出来ない気がします。

 

注意点

マッパのArmor AddonにSwap Listが設定されている場合、プレイヤキャラやスタンドアロンフォロワ等も適用対象になってしまいます。該当NPCのマッパのAAから、SwapListを外せば解消できます。他におつり貰うかもしれないので、改造は自己責任で!

うまく使えば結構面白い機能だと思います。

 

 

Detailmapでアクセントをつける

体型ではないですが、おまけということで。

Detailmapを使えば、顔のテクスチャ自体を変更せずに、任意の場所の明るさ(?)を調整できます。Heightmapもこのスロットなので、擬似的な高低差つけて明暗つけるような感覚だと思います多分。

Detailmapで作るシミソバカスホクロ

大げさにつけた点なので、これじゃ実用性は無いですが(笑)

明るいとヤケドっぽく、暗いとほくろっぽく。中間色ならシミやそばかすにも。バニラだとシワにも使われてますね。

 

FaceGenDataで指定するので、NPC個別に用意できます。ファイル名は何でもいいです。

FaceGenDataでDetailmapを指定

特に何も設定しない場合は、BlankDetailmap.ddsが指定されてます。

 

こんなとこで終わります。NPCの体型レパートリーに飽きてきたら、楽しめるかもしれません。