読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skyrim箱庭DIY

MODによる固有の環境不具合は自分で直して快適ゲーム。CTDにさようなら。Do It Yourself!!

SkyrimのArmor Addon(アーマーアドオン)競合と修正の例(実践編)



スポンサーリンク

装備スロットには問題無いのにArmor Addonだけが競合する、という面倒な状況を説明するために、前置きが長くなりました。いよいよ実践編です。

Clothing and Clutter FixesSeniors Wear Vanillaの競合を解消し、共存させます。アミュレットや指輪が正しく表示される上で、お年寄りが脱がずに済むようにします。

TES5Editで作業します。いつもの例では上書きで済ませてるのですが、今回はMOD同士で面倒なマスター指定が出来てしまうので、互換パッチを作ります。せっかくだから、ということで比較的細かく手順説明をしています。囚人服とシェフ服だけ直してみますが、他も対して変わらないです。変更すべき箇所は、前回までの説明を読んでいれば推測つくと思います。

 ※装備スロット変更の方法を知りたい人は、こちらをどうぞ

 

 続き物の記事です。過去記事はこちら。

TES5Editで作業する前の前提条件と方針

ロードオーダーはCCFが後になっています

  • Clothing And Clutter Fixesから競合しているアドレスを、すべて互換パッチにコピー
  • Seniors Wear Vanillaの必要な項目を、互換パッチに上書き

とします。

変更している内容の意味が分からない人は、過去記事から読んでください。適当に変更したespでセーブデータを作ると、取り返しがつかなくなります

 

Chef's TunicをTES5Editで修正

パッチとなる新規espを作って、そこにシェフ服をコピーしてみます。CCFのArmorから左窓のシェフ服を右クリックして、

シェフ服ArmorをコピーTES5EDIT

 

copy as override intoを選択。

新規espをアドレスコピーして作成

 

パッチとなる新しいespを作ります。

TES5EDIT-NEWを選択

 

esp名を入力して、(拡張子の扱いはSSに書いてある通り)

TES5DITファイル名入力

 

これは当然ですが、確認してください。

TES5EDITマスター指定確認

 

[07]に新しいespが出来ました。これが互換パッチになります。Seniors Wear Vanillaの新規Armor Addon指定が消されていますので、これを互換パッチに上書きします。

TES5EDIT互換パッチの叩き台作成

 

最初に警告が出ますが、読んでの通りです。自己責任で。

TES5EDITエントリ更新の確認

 

SeniorsWearVanillaで新設されたArmor Addonを指定しているので、当然マスター指定しないといけません。

TES5EDIT-espをマスター指定

 

互換パッチにお年寄り用Armor Addon指定がコピーされました。これでシェフ服Armorは終了です。次はシェフ服Armor Addon中身にいきます。

ArmorAddonを追加TES5EDIT

 

 シェフ服Armor Addonです。ElderRaceとElderRaceVampireが復活してますので、互換パッチからこの2項目を削除します。

ArmorAddonから競合Raceを削除TES5EDIT

 

選んでRemoveします。

TES5EDITでRemove

 

予定通りのArmorAddonになりました。シェフ服Armor Addon終了です。

シェフ服ArmorAddon完了TES5EDIT

 

Roughspun TunicをTES5Editで修正

次囚人服いきます。これも同じように、まず互換パッチにアドレスからコピーします。

囚人服TES5EDITアドレスコピー

 

今度は既にパッチが有りますので、それを選択です。

パッチespを選択TES5EDIT

 

囚人服のアドレスに[07]で互換パッチが現れました。Armor Addon指定をコピーします。

囚人服に変更追加TES5EDIT

 

※例では1個づつアドレスをコピーして作業していますが、最初に変更対象のアドレスを全部指定してから一括コピーすることもできます。

 

 お年寄り用Armor Addonが使えるようになりました。囚人服のArmor AddonはSeniorWearVanillaでしか触ってないのでパッチをあてる必要はありません。これで囚人服は終了です。

囚人服にArmorAddon追加TES5EDIT

 

これでシェフ服と囚人服に関しては、両立できるようになった筈です。セーブして終了します。espを有効化するのを忘れないでください。自分よく忘れて、修正間違えたかと悩みます・・・

TES5EDITを終了してSAVE

 

Skyrimを起動してゲーム内で確認する

ゲームを起動して、皇帝と婆さんを見てみます。バッチリ両立してますね!皇帝のアミュレットが表示された上で、婆さんがばいんばいんになっていません。

スカイリム内で変更確認

こんなかんじで他の装備も修正できます。手間はかかりますが。

 

互換パッチに関して注意すること

注意事項です。基礎シリーズにも書きましたが。互換パッチは性質上、対象MODをマスター指定しなければならない場合がどうしても発生します。今回の例で言えば、SeniorsWearVanillaのお年寄りArmor Addonです。こういった新規で作られたオブジェクトを参照するには、どうしてもespをマスター指定する必要が出てきます。ですが、CKではespに対するマスター指定を認めていません。したがって、CKで互換パッチをセーブすると、espに対するマスター指定が全て解除されます。今回のパッチのマスター指定が解除されると、パッチがお年寄り用Armor Addonの場所を探せなくなる為、また婆さんが脱ぐことになります。

もうひとつ、当たり前ですが自分で作った互換パッチは、LOOTやBOSSで並べ替えてくれません。パッチを上書きして潰してしまわない為にも、パッチを作る際には必ず対象となるMODの構造を把握しておくことが欠かせません。適当にコピペでパッチを作っただけだと、ロードオーダー次第でいつの間にか潰れてることになりかねません。

 

こんなとこで終わっておきます。